ワッフルの豆知識集

ワッフルの賞味期限はどれくらい?美味しさを長く保つための保存方法

ワッフルを美味しく食べたいけれど、賞味期限はどれくらい?

市販も、手作りも、美味しく保存して美味しく食べたいけれど、美味しさを保てる保存方法はあるのでしょうか?

とっておきの裏技をご紹介しています。

市販のワッフルの賞味期限と保存方法

市販のワッフルの場合は、袋にはいっているものはその袋の賞味期限を確認しましょう。

保存方法も記載されている場合が多いので、それに従いましょう。

お店で買ってきた焼き立てのワッフルの保存方法は、箱や袋に入れておくか、1つずつラップに包んで常温で保存しましょう。

だいたい次の日までは美味しく食べられます。

冷蔵庫に入れたくなる気持ちも分かりますが、冷蔵庫に入れると硬くなってしまいますので注意してください。

手作りワッフルの賞味期限と保存方法

自宅で作ったワッフルは、だいたい2日くらいで食べきるのがオススメです。

たくさん作って食べきれない場合の保存方法は、1つずつラップに包んでジッパー袋に入れて冷凍しましょう。

時間が経てば経つほど硬くなってしまうので、食べないものはできるだけ早めに冷凍保存してしまうのがおすすめです。

食べるときには、凍ったままオーブントースターで焼くか、自然解凍してからオーブントースターで焼くと、焼きたてのような美味しさになります。

注意したいのは、電子レンジで加熱しないこと。

電子レンジで加熱すると水分が蒸発して硬くなってしまうので、温めるときにはオーブントースターを使いましょう。

手づくりワッフルの生地は保存できる?

自宅でワッフルを作るときに、タネをたくさん作りすぎてしまって残ってしまうこともあるでしょう。

その場合の保存方法はあるのでしょうか?

タネには、ドライイーストやベーキングパウダーが入っているので、冷蔵庫で保存しておいたとしても、タネの状態で膨らもうと変化しています。

時間が経つことで膨らみにくくもなりますし痛みやすいので、その日のうちに使いきってしまいましょう。

食べきれる分だけ焼きたいのなら、タネの分量を少なめに作りましょう。

また、どうしてもタネが余ってしまったら、とりあえず全部焼き上げておいて、1つずつラップに包んでジッパー袋に入れて冷凍しておけば、美味しく保存ができます。