ワッフルメーカーの基礎知識

ワッフルメーカーの種類で電気式とガス式のメリット・デメリットとは

自宅で手軽にワッフルが作れるワッフルメーカー。

ワッフルメーカーも種類が豊富で、大きく分けると電気式のものやガス式のものがあります。

それぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

電気式ワッフルメーカーのメリット

電気式のワッフルメーカーは、火を使わないので安心というのがまず一番のメリットでしょう。

テーブルに置いて作れるので、子どもと一緒に作ることも出来ます。

生地を流して、スイッチひとつで作れるのもいいですね。

つきっきりで焼かなくてもいいので、スイッチを入れて焼き上がるまで他の調理をすることも出来ます。

プレートはくっつきにくく焦げ付きも少ないメリットもあります。

着脱式のプレートがほとんどなので、洗うのも楽ちん。

付属のプレートがいろいろ付いているものもあり、ワッフルだけじゃなくホットサンドやたい焼きなどが作れるものもあり、たくさんのメニューが楽しめます。

電気式ワッフルメーカーのデメリット

電気式ワッフルメーカーのデメリットは、壊れてしまうともう使えないこと。

家電製品なので、壊れることもあるというのが大きなデメリットです。

また、いろいろなプレートなどが付いているのは楽しいですが、大きかったり重くなったりするので、収納の場所をとったり持ち運びが不便です。

ガス式ワッフルメーカーのメリット

ガス式ワッフルメーカーのメリットは、焼き加減を見ながら焼けるので自分好みの焼き加減に調節できます。

付属品がないので、軽量で小さく収納がしやすいのもメリットです。

取り出しやすいので、作りたくなったらすぐにワッフルが作れます。

また、丸洗いができるのでプレート部分だけではなく、持ち手の部分などもすべて洗えて清潔。

そして一番大きなメリットは家電製品ではないので、壊れにくいことでしょう。

ガス式ワッフルメーカーのデメリット

ガス式のワッフルメーカーのデメリットは、火加減に慣れる必要があります。

慣れないうちはガスの火が強すぎて、焦がしてしまうこともあるかもしれませんね。

また、出来上がりまでつきっきりで調理しないといけないことがデメリットに感じる人もいるでしょう。

ガスでもIHコンロでも大丈夫!IH対応のおすすめワッフルメーカー自宅で焼きたてのワッフルが食べたい!電気式のものもありますが、意外と保管に場所をとってしまいます。最近はIHを使っている家庭も多いため、ガスだけではなくIHに対応しているこのワッフルメーカーが人気上昇中なんです。...
自分で焼き上げる楽しみ!おすすめ直火式ワッフルメーカーはコレ人気上昇中のワッフルメーカー。電気式もあるけれど、自分の感覚で焼き上げることが出来る直火焼きも人気です。おすすめ直火式ワッフルメーカーをランキング形式でご紹介しています。...